善玉菌ってどんなもの?|セルライトを除去する方法と蓄積しないための予防法

善玉菌のチカラなどのサプリで善玉菌を取り入れよう

善玉菌ってどんなもの?

ウエスト

善玉菌と悪玉菌の違い

摂取した食物を消化し、栄養を吸収する私たちの腸内にはたくさんの腸内細菌が存在しています。その中には「善玉菌」と「悪玉菌」という2種類の細菌があります。ヨーグルトなどの乳製品から摂取できるビフィズス菌や納豆から摂取できる納豆菌などが代表的な善玉菌になります。これらの善玉菌は、腸の大切な役割である摂取した食物の消化や栄養の吸収のサポートを行ったり、健康でいるために必要な栄養素であるビタミンなどを生成するという役割を持っています。対して悪玉菌は有害物質を生成したり、腸内の細胞を弱らせがん細胞化させてしまいます。また、肝臓の働きを阻害することもあるようです。それ以外にも腸内の環境をアルカリ性に変化させるという特徴も持っており、このことによって便通が悪くなるなど、腸内トラブルが起こりやすくなってしまいます。

悪玉菌を全滅させる必要はない

体に様々な悪影響をもたらしてしまう悪玉菌ですが、悪影響をもたらすからといって全滅させれば良いというものでもありません。実は悪玉菌にはたんぱく質を分解するという大切な役割があります。また、免疫力の弱い赤ちゃんが免疫力をつけるためにも悪玉菌の存在は必要不可欠なんです。要は大事なのはバランスということですね。善玉菌のチカラなどのサプリを有効活用し、常に腸内で善玉菌をちょっとだけ優位な状態に保っておくとことが何より大切なのです。